マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

キャリア

プロ棋士になるにはどうすればよい? 「奨励会」の過酷な現実

2017年7月11日 15:00

「奨励会員は原則26歳までにプロ棋士になれなければ、奨励会を去らなくてはなりません。毎年、年齢制限によってプロ入りの道を絶たれた人たちが、寂しく将棋界を去っていきます。10代前半から青春のすべてを将棋に捧げてきた人間が、プロ棋士になる道を絶たれるわけですから、これほど残酷なことはないでしょう。

 現在では、アマも参加できるプロの公式戦で目覚ましい活躍をすれば、編入という形でプロ入りの道が残されていますが、その編入試験を受けるためにも『プロ公式戦において、最も良いところから見て10勝以上、なおかつ6割5分以上の成績』という、とてつもなく高いハードルが設定されています」(同前)

 プロになるのが厳しいのはどの世界でも同じこと。それでも子どもがプロ棋士になりたいと言った場合、どうすればよいのか?

「かつては高校に通っていると、『こいつは将棋に賭ける気がない』と、バカにされるのが当たり前だったほど“やさぐれた”世界でしたが、今ではみな学校に通い、中には東京大学に通いながらプロ棋士になった片上大輔六段のような例もあります。よほどの飛び抜けた才能がある人は別ですが、奨励会に入るだけでも大変なので、まずは学校に通いながら奨励会入りを目指すのが現実的だと思います。

 ただし、実際にプロ棋士のアンケートを見ると、遅くとも10歳までには将棋を始めていないと厳しいという現実はあります。『16歳で将棋を覚えた』という森けい二九段のような例もありますが、これは超レアケースでしょう。始めるのはやはり早いに越したことはないでしょう」(同前)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。