マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

トレンド

定番はドリア! ファミレスの「最安値お食事メニュー」比較

2017年7月25日 15:00 マネーポストWEB

 続いて、ハンバーグレストラン『びっくりドンキー』。こちらの最安値は「レギュラーバーグディッシュ 150g」668円(一部店舗では価格が異なる)だ。1皿にハンバーグとサラダとライスが盛られたメニューで、ガッツリ食べたいときにはよさそう。

 最安値メニューが3種類あるのが『ジョナサン』。「たらこと貝柱のスパゲティ」、「海老のマカロニグラタン」、「B.L.T.サンド」の3つのメニューがそれぞれ699円で最安値となっている。値段を気にしつつも、3つから選べるというのはありがたいところだ。

ドリア、雑炊は最安値メニューの定番

 中華レストラン『バーミヤン』では、499円の「バーミヤンラーメン」と「チャーハン」が最安値メニュー。専門店なら700~800円くらいするのが当たり前のラーメンを500円以下で食べられるというのは、お得感があるかもしれない。ラーメンとチャーハンを一緒に頼んでも1000円と考えれば、さらにお得な気もする。

 そして、ファミレスの最安値メニューの定番となっているのがドリアや雑炊だ。『ガスト』では「ミートドリア」が399円で、『サイゼリヤ』では「ミラノ風ドリア」が299円で、それぞれ最安値となっている。また、『ココス』では590円の「半熟卵とベーコンのドリア」と「和風きのこ雑炊」が最も安く、『デニーズ』では599円の「1/2日分の野菜が摂れるスープごはん」が最安値だ。

 ファミレスでドリアや雑炊を頻繁に注文するという30代の男性はこう話す。

「ガッツリ食べたい時は別のメニューを頼むんですが。ちょっと小腹が空いたときなんかは、ドリアはすごく助かります。感覚としては牛丼なんかに近いです。あとは、ハンバーグなどのおかずを食べるとき、ライスの代わりにドリアを頼むこともあります。いろんな頼み方ができるユーティリティープレイヤーですよ」

 ただ単に安いだけではなく、美味しくて様々な“活用法”があるという点が、最安値メニューの大きな魅力といえそうだ。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。