マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

成人した息子が脅迫的に親に金を要求したら犯罪になるか?

2017年10月7日 11:30

 この特例は恐喝についても準用されます。そのため子が親を脅かして金を巻き上げても処罰されません。なお、恐喝を受けての贈与の意思表示を取り消すことができるので、民事的には取られた金を返すように要求できます。

 ただ、親が脅しに屈せず、子が暴力をふるって金を奪い取れば、刑法236条で5年以上の有期懲役(20年以下)で処罰される「強盗罪」を犯したことになります。強盗罪には親族相盗の特例は適用されませんから刑事事件になります。

 そして、その際にふるった暴行でケガをさせれば強盗致傷罪となり、無期、または6年以上の懲役で処罰されます。こうなったら大変なことです。その恐れがあるときには早めに警察に相談し、要求がエスカレートしないよう、指導を仰ぐべきでしょう。

【弁護士プロフィール】竹下正己(たけした・まさみ):1946年、大阪生まれ。東京大学法学部卒業。1971年、弁護士登録。

※週刊ポスト2017年10月6日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。