マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

平均分配金利回り4.5%超も 割安局面のJリート投資戦略

2017年10月3日 20:00

 オフィス系、物流系も現在のJリート相場の水準なら、割安で仕込めるタイミングといえる。住宅系も市況は悪くないものの、業績のよい銘柄はすでに値を上げているので、投資妙味はホテル系やオフィス系、物流系に軍配が上がる。

 東証REIT指数が1650ポイントを割り込んでくる局面では、平均分配金利回りは4.5%程度となる。これはJリート全59銘柄の単純平均であり、言い換えれば、銘柄の半分以上が4.5%以上の利回りという状態だ。この先、海外要因などで1650ポイント割れの局面があれば、そのタイミングで積極的に買っていってもよいと考える。

 ただし、妙に利回りが高すぎる銘柄は避けるようにしたほうが無難だ。物色の際の一つの目安として、「全銘柄の平均分配金利回り」+「1%以内」の利回り程度を狙えば、リスクをとりすぎることはある程度避けられるだろう。

【プロフィール】関大介(せき・だいすけ):アイビー総研代表。不動産会社財務部、シンクタンクなどを経て、2007年、不動産証券化コンサルティングと情報提供を行なうアイビー総研を設立、現在に至る。J-REITポータルサイト「JAPAN-REIT.com」(http://www.japan-reit.com/)の運営責任者も務める。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

LINEで手軽に株投資! 初心者でも始められる「LINE証券」の特徴を紹介
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。