マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

平均分配金利回り4.5%超も 割安局面のJリート投資戦略

2017年10月3日 20:00

「売られすぎ」という観点で最も注目すべきセクターは、ホテル系(ホテル特化型)銘柄だ。ホテル系は市況もよく、収益面も今後当面は順調と思われる。投資先として、ホテル系は全体的に割安感がある。

 たとえば、ジャパン・ホテル・リート投資法人(8985)は、主要スポンサーがシンガポール系ファンド会社のため、外国人投資家が売ってくると価格が下落する局面がよくみられる。9月下旬現在、同銘柄は1口7万円台前半で投資でき、Jリートの中では投資しやすい水準だ。仮に7万3000円で投資した場合、分配金利回りは4.92%。金融緩和で支えられている面もある現在のJリート市場に投資する際は、キャピタルゲイン(値上がり益)を狙うのが王道だが、現在の市況下で仕込めば2~3年保有して分配金などインカムゲインを狙う戦略も有効だろう。

 基本的にJリートは、購入時より10%以上、価格が上昇したら利益確定のタイミングと考えていいだろう。しかし、値上がりしている局面では、「もっと上昇するのでは」と心理的に売却に動けない人も少なくないはずだ。2~3口購入しておくと価格上昇局面で1口売って売却益を確保し、残りの保有口でさらなる値上がり益と分配金を狙うといった機動的な動きをしやすくなる。中長期的に保有するスタンスの場合、分配金や売却金に税金がかからないNISA(少額投資非課税制度)口座を利用するのもよいだろう。

住宅系よりもホテル系、オフィス系、物流系に投資妙味

 ホテル系では、分配金が今後増える可能性がある森トラスト・ホテルリート投資法人(3478)にも注目したい。2017年に上場したばかりで、現在4物件しか所有していない。だが、スポンサーの森トラストは地方に多くの物件を保有しており、そうした物件がこれから組み入れられてくるようなら増配も期待できる。

「不動産」関連記事

【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
【無料】不動産を売るなら信頼できる不動産会社に一括査定依頼【LIFULL HOME'S】
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金、決済に関する記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?
年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。