マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

田代尚機のチャイナ・リサーチ

中国でPM2.5対策進む、環境政策が景気を牽引

2017年10月19日 6:30

中国でPM2.5対策は喫緊の課題(上海)

中国でPM2.5対策は喫緊の課題(上海)

 中国本土の環境エンジニアリング関連銘柄が急騰している。10月16日の終値ベースで聯泰環保(603797)、徳創環保(603177)は2営業日連続でストップ高、上海洗覇(603200)、環能科技(300425)、中環環保(300692)などは2営業日で10%以上、上昇している。

 要因は政策にある。これから冬場になるが、中国の中部から北部にかけての主要都市では、暖を取るため各家庭に熱水を供給している。そのために、石炭の燃焼量が急増し、その煙がPM2.5の発生原因となる。当局ではその排出量を調整する政策が打ち出されている。

 環境保護部は関連市、省、部門と連名で8月21日、「北京・天津・河北省及び周辺地区2017-2018年秋冬大気汚染総合治理攻堅行動方案」に関する通知を発布した。これは関連する2市、26都市(“2+26”都市)の政府、石油開発、電力、石炭、化学工業、鉄道などの関連企業に対して、目標、期限を決めて、大気汚染物質の放出を制限させるといった内容である。

 決められた期限は、各地で暖房が必要となる直前の10月末。北京、天津、廊坊、保定では“石炭燃焼禁止区域”を設置する。さらに、北京市では30万世帯、天津では29万世帯、河北省では180万世帯、山西省では39万世帯、山東省では35万世帯、河南省では42万世帯に対する熱水供給のエネルギー源を、石炭燃焼ではなく、電気もしくは天然ガス燃焼に転換させる。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。