マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

FXレバレッジ10倍規制 トレーダーが今から備えておくべきこと

2017年10月20日 20:00

FXトレーダーはレバレッジ規制とどう向き合うべきか(写真:アフロ)
FXトレーダーはレバレッジ規制とどう向き合うべきか(写真:アフロ)

 レバレッジを効かせて少ない資金でも大きな利益を狙えるのが、FX(外国為替証拠金取引)の特徴のひとつ。現在は、最大25倍までのレバレッジがかけられるが、早ければ来年から、最大10倍までに規制される可能性が報じられている。そうした中で、トレーダーはどうレバレッジと向き合うべきなのか。FXのカリスマ主婦トレーダーとして知られる池辺雪子さんが解説する。

 * * *
 9月末、「FXのレバレッジを25倍から10倍に引き下げることを金融庁が検討している」との報道がありました。その報道に対して不安を感じている方もいらっしゃるようなので、レバレッジに対する私の考えをこちらでお伝えしておきます。

 まず、1つ言えることは「仮にレバレッジが10倍に引き下げられることが決定したとしても、明日から急にレバレッジが引き下げられる、ということではない」ということです。

 過去の例からも、前もってアナウンスが入り、一定期間が経過した後にレバレッジ規制が実施されます。少なくとも1ヶ月くらい前にはアナウンスが入るでしょう。ですから、それほど心配される必要はなく、アナウンスが入ってから実際に実施されるまでの間にポジションを整理したり、追加入金するなどの対応もできると思います。

 また、「レバレッジが低くなると資金効率が悪くなって困る」と思われる方もいるかもしれませんが、私からしてみれば10倍のレバレッジでも十分です。そもそも日本でFXが解禁されて多くのFX会社が設立された当初も、レバレッジは10倍でした。しかも、当時は1万通貨という単位も無く、最低取引ロットは10万通貨でした。例えば米ドル円のトレードをするために必要な証拠金は約100万円だったわけです。

「FX」関連記事

少額・簡単にFX自動売買を始められる「トライオートFX」を紹介
低コストで取引できるFX会社を徹底比較!

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。