マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

クリーニングに出す基準 服を長持ちさせるには?

2017年10月29日 13:30

服を長持ちさせるには?

 すっかり肌寒くなり、ニットやフリースが手放せない季節、今が衣替えのベストタイミングだ。つい先日まで大活躍していたリネンシャツやブラウスには、目に見えない夏の汗、皮脂が多く染みこんでいる。これらをそのままにしておくと、来年暖かくなった頃、お気に入りの服にシミや虫食い跡を発見!という悲劇を招きかねない。『日本クリーニング新聞』の坂東護さんが話す。

「家庭用の洗濯機が進化し、洗剤の質も上がったので、クリーニングに出していた服を自宅で洗って終わりにしてしまう人が増えています。でも、衣類も新素材が出たり、作りが複雑化していますから、家で洗っただけでは充分に汚れが落ちず、色落ちや縮みがでることも。クリーニング店の技術は日々、進化しているので、プロの技に頼ってもらいたいですね」

 家庭での洗濯とプロによるクリーニングの違いは、洗い方にある。

「家庭洗濯機では、水による揉み作用で汚れを落とします。一方、クリーニング店で行われるドライクリーニングは、水は使わず、揮発性溶剤と専用洗剤で衣類を洗います。これによってファンデーションや食べこぼしなどの油性の汚れを落とせるうえ、水洗いのように糸が膨らまないので、衣類を傷めたり、縮ませたりということが少ない」(前出・坂東さん)

 そこで、専門家にクリーニングにまつわる素朴な疑問に答えてもらった。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。