マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

昭和末期の小学生、筆箱・自転車・色鉛筆で実感した家庭の格差

2017年11月4日 16:00

色数の多い色鉛筆を持っている子供が羨ましい

 今や40代となった昭和末期の頃の小学生は、とかく他人の家の経済事情を気にしていた。「学校に色々なモノを持ってきては自慢する金持ちの息子・娘が羨望の眼で見られていた」と語るのはネットニュース編集者の中川淳一郎氏(44)だ。1980年4月から1986年3月まで小学生時代を過ごした同氏が、当時の小学生とモノについて振り返る。

 * * *
 今の子供もそうなのかもしれませんが、当時は「あいつの家は金持ちだ」という言葉が学校でよく語られていました。『ドラえもん』に登場するスネ夫のような金持ちの息子がいて、そいつが新しいものを学校に持ってきては皆が羨ましがるのです。

 その時に重要だった要素の一つが「数字の多さ」です。筆箱に関しては布製でチャックがついたペンケースなんかを持っているとバカにされ、「両面式」は普通で2、3年生あたりになると「五面式」やら「十二面式」といった筆箱を自慢する者が出てきます。筆箱が分離したり、鉛筆削りがついていたり、とにかくスイスのアーミーナイフのごとき感じで多機能なわけです。十二面式を持っている子供は「ここも開くし、ここだって使えるんだぜ!」なんて自慢し「うわー、すげー!」と周囲は驚く。

 自転車も普通のママチャリに乗っているとダサくて、「スーパーカー自転車」がカッコ良かった。ライトはフロントに2つ、リアにもたくさんついていて、自動車のオートマチックギアのような5段変速機がついている。時々ママチャリで「弱・中・強」の3段変速機がついている型に乗っている子もいましたが「お前(「お」が強調される)のチャリンコよりもオレ(「オ」が強調される)のスーパーカー自転車の方がカッコイイ」と言われていました。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」の記事まとめ

サラリーマン向きFX 3か月で50万円の利益をあげた自動売買
忙しくてもFX自動売買で1000万円儲けた個人投資家
金利7.5%のメキシコペソの魅力とは 他の高金利通貨と比較

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。