マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コスパも良好 「富士そば」の魅力は安定の味と個性的限定丼

2017年11月20日 15:00

かけそばとかつ丼のセット。ボリュームもたっぷり

 時間に余裕がなく、さらに出費を抑えたいサラリーマンにとってありがたいのが、立ち食いそば店だ。なかでも、都内を中心に110店舗以上を展開する「名代 富士そば」は人気チェーン店となっている。

「立ち食いそばチェーンは基本的に首都圏を中心に展開されるケースが多いのですが、『富士そば』もそのひとつ。店舗数は110前後で、『小諸そば』は国内80店舗くらい、『ゆで太郎』は170店舗ほどです。『富士そば』の大きな特徴は、24時間営業であること。夜食にも、朝食にも使えるチェーン店です」(外食産業に詳しいフリーライター・小浦大生さん)

 富士そばの基本メニューは、温かいそば・うどん、冷たいそば・うどん、そしてカレーと丼ものだ。

「かけそば・かけうどん、もりそばが300円、トッピングは70円から140円くらい。てんぷらはかきあげが110円、ちくわ天が110円といったところです。先に食券を買い、トッピングについては店員に現金を渡して直接注文することができます。そば・うどんのメニューは定番系が多いです。

 ご飯ものでいうと、カレーライスは440円、かつ丼が490円。また期間・店舗限定の『ミニ丼』が定期的に販売されます。こちらはかなり個性的なメニューも多く、たとえば『ミニ炭火鶏まぶし丼』とか、唐揚げやハンバーグが乗った『ミニよくばり丼』、『ミニ和風ローストビーフ丼』などというものもありました。その他大胆なメニューとしては、一部店舗で、フライドポテトが乗った『ポテトそば』やかつ丼にカレーをかけた『カレーかつ丼』というものもありました」(小浦さん)

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。