マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

「いきなり!ステーキ」株高騰を食い逃した億り人、反省の弁

2017年11月27日 7:00

カリスマ投資家が”反省の弁”を語る(写真:時事通信フォト)

 儲けているカリスマ投資家さえも、悔やんでも悔やみきれない“つかみ損ねた大爆騰”がある── 彼らの「反省の弁」は今後の投資を成功に導く大きなヒントになるはずだ。

 今春、Akito氏は、『いきなり!ステーキ』の出店攻勢で業績拡大中のペッパーフードサービス(東1・3053)を横目に見ていた。年初来安値は583円(2月3日)だった同社株だが、今年4月28日に業績の上方修正を発表すると、翌営業日にストップ高となる1184円で引けた。

「確かに売上高や客数の伸びは良かったが、さすがに騰がり過ぎだと感じ、少し下がったところで買おうと狙っていました。ところが、その後も下がることなく、6月には2000円を超えた。1000円前後の株価が適正と見ていたので、その2倍で買う気にはもうなれませんでした」

 その後、同社株は10月30日に年初来高値となる8230円まで駆け上がった。

 同氏が同じ過ちを繰り返してしまったのが、「爆弾ハンバーグ」で知られるフライングガーデン(ジャスダック・3317)。

「8月7日に営業利益が2.9倍になる好決算を発表。株価1937円だったものが翌日はストップ高。少し下がったら買おうとしても、結局ほとんど下がることなく、10月には5850円まで上がり、まったく手を出せなくなりました」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。