マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

1人焼肉もOK 独自の進化を遂げる『牛角』の魅力

2017年12月3日 15:00

リニューアルした牛角の塩ロース(奥左)と塩上ハラミ(奥右)。定番の牛角カルビ(手前)

 焼肉チェーンのなかでも最も店舗数が多いのが、レインズインターナショナルが運営する『牛角』だ。国内に600店舗以上、海外に100店舗以上、合計700店舗以上が展開されている。そんな『牛角』は11月21日、一部の定番メニューをリニューアルした。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生さんが説明する。

「リニューアルしたのは『牛タン塩』(790円)、『塩ロース』(590円)、『塩上ハラミ』(690円)。さらに『特製スパイス牛ホルモン』(490円)や、『バジルラム』(690円)といった新メニューの販売も開始されました」

 牛タン塩は従来の2.5mmから3mmに厚さがアップ。塩ロースは3~5mmから8mmに変更され、価格も40円引き上げられた。リニューアルした牛タン塩と塩ロースを食べたという30代の男性Aさんは、こう話す。

「肉が厚くなったことで、食べごたえも十分だと感じました。塩ダレの親しみやすい味とあいまって、かなり美味しくなったと思います」

『牛角』の味の進化について、小浦さんはこう話す。

「肉の素材で勝負する高級焼肉店とはベクトルは違いますが、独自の進化を遂げているのが『牛角』です。一部の焼肉チェーンでは硬くて薄い“いかにも安い肉”が出されることもありますが、『牛角』の場合はカット方法や味付けを工夫することで、リーズナブルでありながらも、美味しいお肉を提供しているという印象です」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。