マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

カリスマトレーダー池辺雪子 億の極意

トルコリラが史上最安値を更新 売ったのは誰か?

2017年12月8日 20:00 マネーポストWEB

 しかし一方で、史上最安値を記録した相場がありました。それはトルコリラ円相場です。11月28日には28.00円にまで下落し、歴史的最安値を更新しました。

 今年は「7のつく年にまつわるアノマリー」として大きな事件がなかったように見えても、「トルコリラ円相場の大幅下落」はやはりそのアノマリーのひとつとして挙げられるのではないか、と考えています。

誰がトルコリラを売ったのか?

 では、なぜトルコリラ円相場は史上最安値を更新するほど下落したのでしょう? その下落理由は、米ドル・トルコリラのチャートを見れば分かります。

 11月、米ドル・トルコリラ相場は、1ドル=4トルコリラ近くまで上昇しています。つまり、トルコリラが米ドルに対して売られたということですが、それに伴いトルコリラ円相場も下落したということです。

 そして、このことからアメリカがトルコリラを売った可能性もあると思われますが、その背景には、アメリカとトルコの関係があるのではないでしょうか。

 アメリカとトルコ間で発生しているビザ発給問題はまだ解決されていませんし、両国の間には亀裂が見られます。また、世界最大の石油輸出国であるアメリカは、トルコの石油開発を少しでも遅らせたいという思惑を持っている可能性も考えられます。

 トルコは第一次世界大戦で敗戦国となり、1923年に「ローザンヌ条約」が締結されましたが、実はこの条約には「今後100年間、地下資源を開発しない」という明文化されていない密約が存在すると言われております。

「FX」関連記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。