マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

日本人でも利用可能な免税店が空港以外にも増加中 その利用法は

2018年1月5日 16:00

免税店限定の商品も(高島屋免税店 DUTY FREE SHILLA&ANA)

 高級ブランドのコスメやバッグがリーズナブルな価格で購入できるDUTY FREE(免税店)が、百貨店の中などに続々オープンしている。海外旅行者向け、と思いきや日本人も買い物が可能だ。空港の免税店とどう違うのか? 上手な利用法を紹介しよう。

 海外に行く時、成田・羽田・関空などの国際空港で利用者が多いDUTY FREEショップだが、最近、空港以外でも店舗が増えているのをご存じだろうか?

「正式には、空港型市中免税店といい、日本人でも30日以内に海外に渡航予定のある人なら利用可能です。LCCなどの格安航空券利用者も購入できます」と、免税店サポートプラザ代表を務めた行政書士の森山敬さんは言う。

 ちなみに免税には、消費税の他、酒税や関税などが免除される“DUTY FREE”と、消費税が免除される“TAX FREE”がある。国内のTAX FREEを日本人が利用する場合、1商品につき1万円以上の購入が必要となるほか、複雑な手続きを踏まねばならない。

 一方、DUTY FREEは、パスポートと航空券などがあれば、難しい手続きは必要ない。しかも、空港内の免税店は渡航者のみが対象だが、街中にある免税店は海外に行かない人でも入店でき、何度でも利用できる。

 例えば夫が出張で海外に行く場合、旅行に同行しない妻と一緒に訪れ、商品を選ぶことができる。そのため、「夫に頼んだら、違う商品を買ってきた」などの間違いを防げる。

「それに、日本円で支払えるのも安心です。空港ではレジがこみ合う場合も多いのですが、事前に買っておけば、焦らなくてすみますよ」(森山さん)

 普通の買い物との違いは、購入した商品は、空港で出国手続き後に受け取るという点だ。

FX・株に挑戦したい人必見! 初心者向き記事まとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。