マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

掃除は人力が最強? ドライシート&コロコロ掃除のコスト検証

2017年12月31日 11:00 マネーポストWEB

掃除機に比べて安上がり?

 ドライシートに比べてコロコロでの掃除は多少大変だという。

「ハンディタイプのコロコロで部屋全体にある床のホコリを取ろうとすると腰を曲げて作業をしなくてはいけないので、体にかなり負担がかかります。だから、私の場合は柄が長いタイプのコロコロを使って立って掃除をしています」(Aさん)

 コロコロ掃除の大きなメリットが、ホコリが舞いにくいということだ。

「私は花粉症を持っているので、掃除機から出る風で部屋にホコリが舞うのがツライんです。コロコロであればホコリが舞うこともないのでありがたいですね」

 ドライシートやコロコロは、基本的に使い捨てだ。つまり、掃除をするたびにコストがかかるということになる。

 ドライシートやコロコロは商品によって価格は異なるが、たとえば『クイックルワイパー』であれば40枚入りが600~700円程度で売られている。仮に650円だとして、1枚約16円。1回の掃除で2枚を使ったとすれば32円かかることとなる。

“コロコロ”も値段は様々だが、安いものであれば1巻(70~80周)100円程度で売られている。1回の掃除で2周分を使うとすれば、1回あたり約3~4円程度のコストだ。

 ドライシートとコロコロの掃除を3日に1回する場合、上記の計算だと年間のコストは約4500円。2日に1回なら約6500円となる。掃除機の価格はピンからキリまであるが、数万円のものを買うよりは、ドライシートとコロコロを駆使したほうが安上がりになるかもしれない?

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

【実取引データ】ほったらかしFX自動売買 3か月で1000pips超の利益

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。