マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

2018年のドル円相場は上昇予想、注目イベントは中間選挙

2018年1月1日 20:00

 そして中間選挙の実施に伴い、トランプ大統領も2017年以上にアメリカ経済をより上向かせるべく動くことが想定され、米ドルがガラガラと売られるような状況にはなりづらいのではないでしょうか。そうした意味で、中間選挙は米ドル買いの1つの要因となり得ると考えています。

 他にも、アメリカの法人税率が2018年から21%に引き下げられることや、FRB(連邦準備制度理事会)が「2018年は3回利上げを行う」と発表していることなども、米ドル買い材料となる可能性も考えられます。

 2月に現FRB議長であるイエレン氏が退任し、パウエル氏が後任になることが決定していますが、パウエル氏はイエレン氏の方針を引き継ぐ見通しが伝えられています。そうなると、利上げもこれまで通り実施される可能性が高いでしょう。

 もちろん、懸念材料が無いわけではありません。例えばトランプ大統領にまつわるロシア疑惑が以前から取り沙汰されています。ただし、最近ではこの件に関する報道もあまり見られなくなっており、現段階では私は大きな懸念材料としては見ていません。

 もちろん、相場において油断は禁物ですし、何が起こっても大丈夫なように資金管理は常に徹底しておく必要がありますが、私としては今の段階で長期的にドルが買われる傾向が続くと考えトレードしています。

【PROFILE】池辺雪子(いけべ・ゆきこ):東京都在住の主婦。若い頃から株や商品先物投資を学び、2000年からFX投資を始め、これまでに8億円以上の利益をあげている敏腕トレーダー。2007年春、脱税の容疑で起訴、同年夏、執行猶予刑が確定。その結果、所得税、延滞税、重加算税、住民税、罰金(約5億円)を全て即金で支払う。2010年9月に執行猶予が満了。現在は自らの経験をもとに投資、納税に関するセミナー、執筆活動を行っている。トルコリラ/円、ドル/円、他通貨、日経平均株価などの値動きに関する詳細な分析を展開する「池辺雪子公式メルマガ」も発信中(http://yukikov.jp/)。

「FX」関連記事

金利7.75%のメキシコペソと他の高スワップ通貨の魅力を比較
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ポイント投資サービスが続々登場 厳選5社を比較・解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。