マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

1国に2つの通貨が存在する国 慣れれば使い分けはどうってことない

2018年1月6日 16:00

カンボジアのお店でもらったレシート

 日本では「円」、アメリカでは「ドル」、韓国では「ウォン」、EU圏では「ユーロ」のように通貨は一つで統一する国が多いが、カンボジアは「米ドル」と「リエル」が共存する状況にある。2017年末から2018年初頭までカンボジアに滞在したネットニュース編集者の中川淳一郎氏が、この“共存関係”を体験して感じたことをレポートする。

 * * *
 最初、「こりゃいったいどういうこっちゃ?」とビビりました。しかし、1日すれば、これ、まったく違和感なくなるんですよ。成田空港で1万円をドルに換えたところ、行員は物価が安い発展途上国向けの「1万円パック」というものを用意してくれました。10ドルが最高額紙幣で、5ドルや1ドル紙幣がたくさん入っていて10円玉も3枚入っていました。12月29日、1万円は86ドル(プラス30円)になりました。

 事前のネット情報では「リエル」に換える必要はない、というものが圧倒的に多かったです。この段階ではその意味が分からなかったのですが、実際に買い物をしてみるとこれがすんなりと腑に落ちるのです。

 写真のレシート画像を見てください。

CAN ANCHOR BEER:0.60
TUBORG Can:0.80
ANGKRO CAN 330M:0.60×3=1.80

 いずれもビールで、1本あたり0.6ドルのものを4本と0.8ドルのものを1本買っています。合計は3.2ドルです。これに対し5ドル紙幣を1枚出したのですが、お釣りの部分(CHANGE)を見ると($)の部分は1.00とあり、(R)の部分は3300とあります。

 つまり、これの意味は「お釣りは1ドル3300リエル」ということになるのです。アメリカ国内であれば、「お釣りは1ドル80セント」ということになり、1ドル紙幣1枚と3枚のクオーター(25セントコイン)と1枚のニッケル(5セントコイン)が渡されることでしょう。

FXにも挑戦したい人必見! 初心者向きFX記事まとめ

株式投資注目記事

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。