マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

『いきなり!ステーキ』愛好家が語る「肉マイレージ」の魔力

2018年1月11日 16:00

定番のリブロースステーキ300g

 2013年12月、東京銀座に1号店がオープンして以来、急速に全国でチェーン展開をしているステーキチェーン『いきなり!ステーキ』。2017年11月末の時点で170を超える店舗が営業している。外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう説明する。

「グラム量り売りの立ち食いステーキ店として誕生した『いきなり!ステーキ』は、『ペッパーランチ』を運営するペッパーフードサービスによる新業態。店舗数を増やすとともに認知度も急上昇し、メディアで取り上げられる機会も増え、客足も増え続けています。2018年には200店舗以上のオープンを目指しているとも言われており、その勢いは今後も続きそうです」

 いきなり!ステーキの大きな特徴は、肉をグラム単位で販売する点。全店舗共通の定番メニューとしては「リブロースステーキ」が1gあたり6.9円(税抜き、以下同)で、300g以上からオーダー可能。店舗によっては取り扱いがない場合もあるが、「ヒレステーキ」であれば1gあたり9円で200gからオーダー可能となっている。

「お肉は最低でも1人前2000円程度で、さらにライス&スモールサラダセットが350円なので、定食などに比べたら決して安くはない。しかし、同じくペッパーフードサービスが運営するステーキチェーン『炭火ステーキくに』では同等の肉がおよそ倍の価格で提供されていることを考えれば、かなり安いと言えそう。最近では椅子がある店舗も多いですが、元々は立ち食いで回転率が高いということ、そして接客サービスも簡素化されているということで、価格を低く抑えられているというわけです」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。