マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

2018年確定申告は医療費控除申告が簡略化、領収書の集計も不要に

2018年1月14日 13:00

医療費が少ない人は「セルフメディケーション税制」も

 医療費控除は原則10万円以上の医療費をかけた場合が対象となるが、幸い医療費が少なかった人でも、2017年分の申告からは特例として税制優遇が受けられる場合がある。これが「セルフメディケーション税制」だ。

 薬局やドラッグストアで対象となる市販薬を購入した金額が年1万2000円を超えたら、超えた部分の金額が所得から控除され税金が軽減される仕組みだ。市販薬にかかった分のみとはいえ1万2000円を超えていればいいので、ハードルは大幅に下がることになる。

 控除の対象となるのは「スイッチOTC医薬品」に限られる。鎮痛成分のイブプロフェンやロキソプロフェン、炎症を抑えるインドメタシンなどを含んだ医薬品などがある。対象となる市販薬のパッケージには「セルフメディケーション税 控除対象」という識別マークがつくほか、レシートにも何らかの目印や対象商品であることを示す注記がなされている。こちらも明細書を添付すれば、レシート自体を提出する必要はない。

 ただしこの制度は医療費控除とは併用できず、どちらかを選ぶ必要がある。1年分の費用を合計して控除される金額が大きい方を選択するのがおすすめだが、どちらがお得かわからない場合は、国税庁のウェブサイトの確定申告ページでシミュレーションが可能なので活用するといいだろう。

文■森田悦子(ファイナンシャルプランナー/ライター)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。