マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

年末年始のパチスロは勝ちやすいのか? 検証してみた結果…

2018年1月19日 17:00

世間が休みの時期にパチスロを打つと勝ちやすいのか?

 年末年始の長期休みにパチンコやパチスロを楽しんだという人も多いのではないだろうか。そこで気になるのが、“年末年始は勝てるのか”という問題だ。今回は、パチスロが大好きだというフリーライター・M氏が、2017年の年末と2018年の年始の収支を報告。あくまでも個人的な見解だが、“年末年始は勝てるのか”という問題にM氏流の答えを出した。

 * * *
 黙っていても客が入る休日は「回収モード」というのが、パチンコ店のセオリーとされている。ということは、多くの人が休暇中であり、パチンコ店に行く人も増える年末年始は「回収モード」、つまり勝てないというのだろうか?

 そんな疑問に答えを出すべく、2017年末から2018年のお正月にかけて、東京渋谷区と世田谷区の某地区を中心にパチスロ実戦を行った。

 まず、大前提として、今回はいわゆる“プロっぽい”立ち回りではなく、打ちたい台をなんとなく打つという、ぬるい“休日スロッター”だ。開店前から並んで狙い台を打ったり、細かいデータを取ってパチスロの設定を予想したりといったことは一切していない。あくまで趣味のスロッターが、年末年始に勝てるかどうかを検証する。

 ちなみに、パチスロの「設定」とは、その台の出玉率を店側が設定できる機能のこと。機種によって違いはあるが、「設定」は6段階が基本。設定1が最も出玉率が低く、(客が負けやすい)、設定6がもっとも出玉率が高い(客が勝ちやすい)。高設定台が多ければ、それだけ客に対して出玉でサービスをしているということになる。

不動産売却の完全マニュアル

不動産売却の初心者でも安心!プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産売却の初心者でも安心! プロが選ぶおすすめの不動産査定サイト
不動産査定とは?マンション・戸建て・土地で違う査定基準
不動産査定とは? マンション・戸建て・土地で違う査定基準

初心者向け「FX」「株」の記事をまとめ

税制優遇でお得に“自分年金”を作れる「iDeCo」特集

【資料請求】業界最大級の商品ラインアップ「SBI証券のiDeCo」
森永卓郎氏 現役時代にしておくべき「脱・老後破産」の準備

カードローンQ&A

  • 即日融資とは?即日融資は本当に即日に融資をしてもらえるの?
  • 外資系保険会社の外交員がFXで1000万円以上稼いだ方法とは
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。