マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投信

投資の勉強したくない…初心者向け「つみたてNISA」悩み相談

2018年1月23日 18:00

投資初心者こそ「つみたてNISA」を活用すべき(イメージ)

 日本の株式市場に上昇相場が到来したなかで、スタートした新制度「つみたてNISA(少額投資非課税制度)」。投資に馴染みのない人にこそ、メリットの大きい制度だ。つみたてNISAは長期間コツコツ投資する初心者にもハードルの低い制度で、非課税枠800万円(40万円×20年)と恩恵も大きい。ではどのように投資すればいいのか。

 つみたてNISA(少額投資非課税制度)で取り扱う投資信託は、長期の積立投資に適した135銘柄に限定されている。このため経済評論家の山崎元氏は「初心者でも成功体験をつくりやすい」と太鼓判を押す。

 しかもいずれも販売手数料ゼロ、信託報酬も低く抑えるなど金融庁の厳しい条件をクリアしている。こうした制度設計の背景には一般NISAの“反省”があったという。ファイナンシャル・プランナーの深野康彦氏が解説する。

「一般NISAも“貯蓄から中長期的な資産形成へ”の転換を促す制度でしたが、上場株式のようなリスクの高い商品も対象に含まれていたため、本来の目的と異なる投機的な使われ方が目立った。金融機関の手数料ビジネスに批判的な金融庁の方針もあり、初心者が使いやすく、資産形成しやすいような新制度ができたのです」

「守りつつ殖やす」この制度の初心者向けポイントを紹介する。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。