マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

国内2万店突破 セブン-イレブンが「王者」に君臨する理由

2018年2月20日 7:00

セブン-イレブンの強さの秘密は?

 1月末、コンビニ最大手のセブン-イレブン(以下セブン)の国内店舗数が2万店を突破した。国内の小売りチェーンで2万店を超えたのは初めてだ。

「セブンはもう2万店になるんですねぇ。早いものです」──感慨深そうに語るのは、東京・豊洲で50年以上金物店を営む78才の男性。セブンの歴史は、豊洲に1号店ができた1974年5月15日にさかのぼる。開業当時をよく知る田中さんが語る。

「昔はこの辺りには何もなく、地下鉄も通っていないから、どこに行くにも一苦労でした。買い物する場所も商店街しかなくてね。セブンができた時は、変わった店ができたものだと思いました。お店に行けば何でも揃うから、徐々に人気になりましたね。当時はまだ『深夜スーパー』と呼んでいたんですよ」

 当時のセブンは、その名の通り朝7時から夜11時までの営業だった。夜11時まで開いているお店はなく、地元住民からは重宝されたという。

 1976年に100店舗を突破したセブンはその後も順調に出店を重ね、1993年に5000店、2003年に1万店を超え、前人未到の2万店にたどり着いた。セブンの強さについて、流通ジャーナリストの渡辺広明さんが語る。

「セブンの好調を支えているのは、豊洲の1号店にあるといっても過言ではありません。1号店は接客がていねいで、お店の清掃や陳列も行き届いていることで有名です。例えば缶コーヒーは、商品名が見えるよう全てきっちり正面を向いて並んでいますし、店員の教育も行き届いている。お手本となる店があったからこそ、後に続く店舗がそれをしっかり受け継ぎ、好循環を作ることができた」

 群雄割拠のコンビニ業界で、セブンが「王者」に君臨する理由について、プリモリサーチジャパン代表の鈴木孝之さんはこう話す。

「セブンは、創業者である鈴木敏文前会長主導のもと、顧客目線を追求した商品開発を徹底し、道を切り開いてきました。他社は、セブンのやったことをまねて後ろを追いかけてきた格好です」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。