マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

ローソンの「ドローン配達」試験運用、地元住民は感謝

2018年2月22日 11:00

ローソン南相馬小高店のドローン。上空60mを時速30km程度で飛行する

 列島が大寒波に襲われた2月初旬のある昼下がり、1台のドローンがコンビニの前に姿を現した。

 機体は直径約1m、白と赤のフレームに黒いプロペラが6枚付いている。機体の下部に肉まんや総菜、弁当を詰めた箱がセットされると、スタッフの合図とともにプロペラが高速で回り始め、大きな音を立ててゆっくりと上昇、視界から消えていった。

 福島県南相馬市にある「ローソン南相馬小高店」。東京電力の福島第一原発から30km圏内にあり、東日本大震災後に一時避難指示区域に指定された。指定が解除された今も震災の爪痕が残り、修復中の家屋や閉店したままの店も多い。

 足腰の弱いお年寄りにとっては、歩いて遠くまで買い物に行くのは一苦労だ。そうした人たちを手助けするため、ローソンは昨年10月、楽天とタッグを組んでドローン配達の試験運用を開始した。この街で個人タクシーを営む運転手がこう話す。

「徐々に人は戻ってきているが、まだまだお店が少ないね。コンビニを利用したくても集落からは丘を登って2kmほど歩かなければならず、みんな不便しています。ドローン配達でみんなが救われますわ」

 このサービスは、電話で注文を受けたローソンのスタッフが商品を箱に詰めた後、楽天スタッフが箱をドローンにセット。専用端末から出発指示を出すと指定の着陸地点までドローンが配送してくれる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。