マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

自宅のバリアフリー化 一斉変更すべき?緩やかに変更すべき?

2018年2月26日 11:00

バリアフリー工事はどう進めるべきか?

 住み慣れた我が家で長く過ごすためには「リフォーム」が必要になる。一般にリフォームには、介護生活を前提とした「バリアフリー」と、子供への譲渡や将来の売却などを前提とした「資産価値増加型」があるが、「終の棲家」にとって重要なのは前者だ。

 バリアフリー工事を行なう場合、まずは「どう変えるか」が重要になる。住宅ジャーナリストの山下和之氏が言う。

「2階建てを1階建てに大規模にリフォームする“減築”は、階段の上り降りもなくなり、怪我をするリスクも減るため、興味を持つシニアも多い。しかし、1000万円以上と費用が高額となる。子供と同居しておらず夫婦だけの世帯は、小規模リフォームから始めるケースが多いようです。

 とくに一戸建てでは、“段差を解消する”ことが基本です。玄関は車椅子になったらスロープがないと出入りできません。妻に補助してもらう場合も介助者の負担が大きくなる。玄関の段差は最初に改善すべきです」

 続いては居住スペースだ。

「車椅子を想定して廊下や階段の幅を広げ、自宅内での転倒を防ぐための手すりの設置も必要です。そうした生活の安全ルートを確保したら、浴室やトイレなどの水回りの拡張工事に進みます。万一に対処できるよう引き戸にして、なるべく広いスペースを取ることも求められます」(山下氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。