マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

退職金を年金方式で会社に運用してもらうのは「割に合わない選択」

2018年3月10日 7:00

退職金のもらい方で税額がこんなに違う

 定年時の「退職金」のもらい方は悩ましい選択だ。企業によっては「全額一括払い」か、65歳から10年分割払いなどの「年金方式」、さらに「一時金+年金方式」の組み合わせを選べるケースが少なくない。

「退職金は老後資金の虎の子だが、この低金利では全額もらって預金しても利子はほとんどつかない。利回りが多い年金方式で会社に運用してもらった方がいい」

 そう考えている人は多いのではないか。確かに、銀行の定期預金金利は限りなくゼロに近いのに対して、企業の退職年金は2%台など比較的高い利回りで運用されている。

 しかし、結論からいえば、「割に合わない選択」である。退職金は税制優遇されており、一括払いなら非課税枠による恩恵が大きいからだ。

 勤続38年以上で定年退職した大卒管理職の平均退職金は2000万円前後とされる。22歳の大卒で入社し、60歳の定年まで勤続38年なら2060万円まで非課税となり、2000万円の退職金を全額一括で受け取っても税金はゼロだ。

 ところが、同じ2000万円を65歳から10年間の分割(年額200万円の年金方式)として受け取ると課税対象になってしまう。公的年金収入に200万円が加算され、所得税と住民税の10年分の合計は約300万円になってしまう。負担増は他にもある。西津陵史・税理士が語る。

「年金方式で受け取るとその年の所得が増えるので、健康保険や介護保険の保険料まで高くなる。10年払いならその間、高い保険料を払い続けなければならない。企業年金は多少の運用利回りで元本が増えるでしょうが、税金と保険料の負担を考えると割に合わない。基本的には一括払いが得です」

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

FXトラリピの成功者2人が語る「長期運用の秘訣」とは
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。