マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

コンビニチョレギ風サラダが熱い! 昼時はOLたちの争奪戦も

2018年3月14日 15:00

ボリュームも楽しめるコンビニサラダとサラダチキン

 コンビニグルメの定番といえるサラダ。シンプルなグリーンサラダはもちろんのこと、様々な具材を使った個性的なサラダも人気だ。コンビニグルメに詳しいライターの小浦大生氏はこう話す。

「コーンサラダ、ツナサラダなどの定番はもちろん、蒸し鶏を使ったサラダ、パスタ系サラダ、豚しゃぶサラダなど、各社が食べごたえのあるサラダを販売しています。サイドメニューというよりもむしろ、サラダだけでお腹を満たせるくらいのものも多いです」

 たとえば、セブン-イレブンではオーソドックスな「ミックス野菜サラダ」(163円、税込み以下同)のほか、「豚しゃぶと9種野菜のサラダ」(399円)、「たっぷりきのこのサラダ」(380円)「くずして食べる パリパリ麺のサラダ」(360円)などが販売中。ローソンでは「厚揚げと釜揚げしらすのサラダ」(420円)、「鶏唐揚げのパスタサラダ」(298円)など、ボリューミーなサラダも多い。また、ファミリーマートでは、スポーツジムのRIZAPとコラボした「RIZAP キーマカレー風サラダ」(368円)という商品も販売されている。

「通常のグリーンサラダであれば100kcal以下程度ですが、具材がしっかり入ったサラダの場合は300~400kcalというものもあります。サラダというより、ほぼ“ごはん”といった感覚ですね。カロリー的にも選択肢の幅が広がっているといえるでしょう」(小浦氏)

ローソンは叙々苑とコラボしたチョレギ風サラダ

 最近ではサラダと同様に人気となっているのが、「サラダチキン」と呼ばれる商品。そのまま食べられる加工済みの鶏むね肉で、カロリーが低いという点からも人気となっている。

「ローソンの『サラダチキン』であれば1袋あたり115g、145kcalで238円。ボリュームがある割に糖質が少なく、サラダの具にするにはちょうどいいと思います。ハーブ系の味のものやレモン風味のものなど、各社いろいろな種類のサラダチキンを発売しています。変わったところではファミリーマートの『国産鶏サラダチキン(カラムーチョホットチリ味)』(258円)なんていうものもあります」(小浦氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。