マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

経済成長は必要なのか? 森永卓郎氏の疑問を解決した「二重の円」

2018年3月24日 11:00

森永卓郎氏が注目する「ドーナツ経済学」とは

【書評】『ドーナツ経済学が世界を救う 人類と地球のためのパラダイムシフト』/ケイト・ラワース・著 黒輪篤嗣・訳/河出書房新社/2400円+税

【評者】森永卓郎(経済アナリスト)

 朝まで生テレビで、私はこう詰め寄られたことがある。「君は経済成長が必要ないと言うのか」。私はこう答えた。「そうは言わないけれど、成長よりも平等の方が大切だと思う」。「成長しなかったら、貧しい人を豊かにすることも、できないんだよ」。

どうやら経済成長が必要だということは、日本の知識階級のなかで、コンセンサスになっているようだ。ただ私は、ずっとそのことに違和感を覚えてきた。その違和感をすっきりさせてくれたのが、本書だ。

 著者は、経済の目標を経済成長に置くのではなく、人々が幸福に暮らせる社会にすべきだと主張する。タイトルのドーナツというのは、二重の円を示す。内側の円が絶対的貧困の境界線だ。経済がこの円よりも小さいと貧困が深刻になる。外側の円は、環境破壊の境界線だ。

これより経済を大きくすると、資源が枯渇し、大気汚染や気候変動が深刻化する。だから、やたらに経済成長を目指すのではなく、二つの円の間、つまりドーナツの身があるところを「人類にとって安全で公正な範囲」だとして、そこに経済を誘導すべきだと著者は言うのだ。

 言っていることは、きわめてまともだ。ただ、そうした主張自体は、これまでも存在した。しかし、本書の素晴らしい点の一つは、著者の深く、かつ幅広い知識がふんだんに盛り込まれているところだ。これまでの経済理論の歴史から、金融、システム工学、環境学、開発経済学にいたるまで、きちんと勉強して、物事を整理しているのだ。もう一つの素晴らしい点は、抽象論で終わらずに、具体的に、しかも大胆な対策を述べているところだ。

 例えば、中央銀行が全世帯に直接お金を発行して、債務の返済に充てさせる「国民のための量的緩和」の提言をしている。日銀が国債や株式を買いまくって、資金を供給しても、国民に行き渡らないからデフレ脱却ができない。この方法なら、確実に国民が幸せになれるだろう。経済の見方を根底から変えてくれる好著だ。

※週刊ポスト2018年3月23・30日号

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。