マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

同じ「マツキヨ」でも立地によりリップの値段は60円違う

2018年4月5日 15:00 女性セブン

同じ商品でも店舗により値段が異なる(イメージ)

 ドラッグストアの市場規模はここ10年で3兆円拡大。食料品や日用品はスーパーやコンビニよりも安く手に入る。そのうえ、年々店舗は増え続け、駅前にも住宅街にも点在し、思い立てばいつでも買い物ができる。星の数ほどあるドラッグストアを、買い物の達人たちはどう使い分けをしているのだろうか。

埼玉在住・都内勤務のOL、A子さんは、会社の昼休み、オフィス近くのウエルシアに立ち寄った。ストッキングとハンドクリーム、小腹が空いたとき用のカップスープにペットボトル飲料を購入。消費経済ジャーナリストの松崎のり子さんが言う。

「オフィス街のドラッグストアでは目玉激安商品として、店頭にインスタント食品や飲料を置いてサラリーマンを呼び込もうとするため、これらを安く手に入れることができる」

 OL向けのコスメやストッキングなども、郊外よりも都心部の店舗のほうが安く購入しやすいと『ドラッグマガジン』編集長の菅原幸子さんが解説する。

「需要が高ければ仕入れ数も多くなる。同じ商品でも1度にたくさん仕入れれば、1つあたりの単価は安くなり、消費者にも安く提供できる。一方でこれらの商品は、家族連れや年配の主婦がメインの客層である郊外の店舗では、需要が少ないため、値下げすることは少ない」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。