マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

家計

5大ドラッグストアの活用術 各店で「買い」の商品はコレ!

2018年4月8日 15:00

各ドラッグストアで「買い」の商品は?(イメージ)

 2017年度のドラッグストア売り上げランキングでトップ5のウエルシア、ツルハドラッグ、サンドラッグ、マツモトキヨシ、コスモスには、それぞれ次のような特徴がある。ドラッグストア事情に詳しいファイナンシャルプランナーの齋藤惠さんが言う。

「ウエルシアのウリは、専門家が監修した健康志向のPB(プライベートブランド)食品。糖質オフのクロワッサンや、低糖質・低脂肪のハンバーグなどドラッグストアだからこそ作ることができる内容です。しかも、割高になりがちな健康志向の食品の中で、クロワッサン2個で129円など安さも忘れていない」(齋藤さん)

 また、24時間営業の店舗を増やす意向も発表しており、急な病気にも心強い存在だ。

 ツルハで注目すべきはPBブランドの「エムズワン」の日用品だ。

「『エムズワン』の洗剤やトイレットペーパーは他のドラッグストアと比べても安くて高品質。また、健康食品も安い。例えばコエンザイムQ10入りのサプリや青汁は、他のドラッグストアで取り扱っているナショナルブランドのものより1000円近く安いこともある」(齋藤さん)

 3位のサンドラッグと、5位のコスモスはとにかく安い。

「とくに“ディスカウントドラッグ”を謳うコスモスは食料品も薬品も安く売ることに尽力している。だから定番品や生活必需品はコスモスで買うことをおすすめします」(齋藤さん)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介
FX自動売買5つのデメリットと3つのメリットを紹介
そのFX自動売買は危険!?危ない罠にハマらないための注意点

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。