マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

売れない貧乏芸人、自分がお金を払ってライブに出演するジレンマ

2018年5月3日 17:00

アルバイトで生計を立てる芸人は少なくない

 ブレイクするまでの売れない芸人は、時々劇場のステージに立ちながら、アルバイトをしながら生計を立てているケースがほとんど。それでもまだステージに立てるならマシなほう。売れない芸人のなかには、ステージに立つ機会すらほとんど与えられないケースもあるという。

 将来のブレイクのためには、やはりライブの経験を増やすことが不可欠だ。そうしたことから、「参加費を払ってステージに立つ」というケースもあるようだ。売れない芸人の1人であるAさん(30代、男性)が語る。

「現在、都内で行われているライブは、大きく分けて3種類。『事務所が主催しているライブ』と『芸人自ら開催しているライブ』、そして『ライブプロデューサーと名乗る人が主催しているライブ』の3つ。このライブプロデューサー主催のライブが、1回出るために数千円の出演料を支払わないといけないのです」(Aさん、以下「」内同)

 芸人が参加費を支払うタイプのライブはここ十数年ほどでかなり増えているようだ。Aさんによると、主催しているライブプロデューサーは、元芸人やお笑い専門ライターなどが多いという。

 将来のスターを発掘・育成するために、少しでも「打席に立たせてあげたい」という思いから始まったのだろうが、もちろん赤字になってしまってはライブの開催自体が成り立たない。だからこそ芸人から出演料も取っているわけだが、生活苦が続く売れない芸人にとって厳しい出費となるのは間違いない。そうしたこともあってか、Aさんは「自分たちはライブプロデューサーのお小遣い稼ぎに利用されているのではないか」と考えるようになったという。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。