マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

冷めてもいける! ちょっとスペシャルな『銀だこ』の魅力

2018年6月3日 16:00

ねぎがたっぷり乗った銀だこの『ねぎだこ』

 たこ焼きチェーンの代表的存在といえる『築地銀だこ』。1997年にスタートし、昨年20周年を迎え、国内で470店舗以上が営業している。そんな銀だこについて、外食チェーンに詳しいフリーライターの小浦大生氏はこう説明する。

「一般的な屋台のたこ焼きとは多少雰囲気が違うかと思いますが、外側がパリッとしていて、中がトロッとしたたこ焼きでおなじみです。最近では、都内を中心に『銀だこハイボール酒場』という、たこ焼きをつまみにハイボールを飲む、居酒屋スタイルの店舗も増加中で、現在40店舗ほどが営業中です」

 銀だこの『たこ焼き』は8個入りで550円(税込み/以下同)、『だんらんパック16個入り』が1050円、『団らんパック24個入り』が1550円。てりやきソースとたまごサラダが乗った『てりたま』が8個入りで650円、天つゆで食べる『ねぎだこ』が8個入りで650円、『チーズ明太子』8個入りで650円となっている。

「たこ焼きの価格の相場は、場所や店舗の形態によって様々ではありますが、8個入りであれば400~500円程度だといわれています。安い店なら8個で300円というケースもあるでしょう。個人経営のたこ焼き店なら、たとえば『8個入り500円』と書いてあっても、2個や3個おまけしてくれることも珍しくない。そう考えると、銀だこの8個で550円という価格は、決して安いものではありません。しかし、“外はカリッと、中はトロっと”の独特な味わいは、銀だこならでは。だからこそ相場よりもちょっと高くても、全国的に支持されているのではないでしょうか」(小浦氏)

冷たい天つゆにつけて食べる「ねぎだこ」

 少々高めだが、食べたくなる銀だこのたこ焼き。ファンはどんな楽しみ方をしているのか。30代独身の男性会社員Aさんは、会社帰りに銀だこに寄って、8個入りのノーマルたこ焼きを買うことが多いという。

「たこ焼きというと、おやつのような感覚で食べる人も多いかもしれませんが、“つまみがてらの夕ご飯”といった感覚です。銀だこでたこ焼きを買って、コンビニでは缶ビールとお新香なんかを買って、帰宅。そして、たこ焼きとお新香をつまみに晩酌をしながら、CS放送でスポーツ中継なんかを観る。食事だと考えれば、たこ焼きに550円でも、むしろ安上がりですよ」

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。