マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ライフ

掃除の負担を減らすために… 油掃除、浴槽洗い等を省く裏ワザ

2018年6月6日 15:00 女性セブン

 思い切って家事の負担を減らしてみたら、「自分の時間ができた」、「ストレスがなくなった」、「気持ちにゆとりができた」など、本誌・女性セブン読者からうれしい声が届いている。知的家事プロデューサーの本間朝子さんによると、どの家事をやめるべきか迷った時は、その家事をしなくても状態が変わらないものを選ぶのがコツだという。ここでは、掃除の負担を減らすための方法について、解説してもらった。

浴槽洗いをやめる

浴槽洗いをやめる

 入浴時に重曹をひとつかみ入れると、湯垢が剥がれ落ちやすくなり、肌もスベスベになる。

「入浴しながら、浴槽の内側についた湯垢と四隅をこすっておきましょう。排水時に、重曹が汚れをまとって一緒に流れ、清潔な浴槽を保てます。ただし、重曹で肌の皮脂汚れも取れるので、乾燥肌の人は量の調節を」(本間さん。以下「」内同)

三角コーナーの掃除をやめる

三角コーナーの掃除をやめる

 三角コーナーのぬめりは、生ごみ(有機物)と水分が結合し、それを餌にした細菌が増殖して起こる。常設しておくと掃除が大変なので、三角コーナーをやめ、1回ずつ捨てられる、生ごみ入れを作ろう。

「きのこやいちごなどが入った透明パックに、ポリ袋を被せれば、即席の生ごみ入れに」

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。