マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

相続の家族会議 「打診」のタイミングはいつが理想なのか

2018年6月7日 16:00

家族で相続について話し合う機会がなぜ必要なのか(イメージ)

「1人暮らししているお父さんが脳梗塞で倒れた。もう長くないかもしれない」──兄から連絡を受けたA氏が病院に駆けつけると、妹もすでに到着していた。兄妹全員が顔を揃えるのは3年ほど前に他界した母の葬儀以来だ。

 付き添いなどの看病などは近くに住む妹がやってくれることになったが、意識の戻らない父親を前に、初めて“父親が死んだ後のこと”を3人で話すことになった。

「実家はどうするか」「どれくらいの預貯金があるのか」──父親に何も聞けない以上、自分たちだけで話し合うしかない。だが、兄も妹も「私はこう思う」というばかりで、話し合いの前提さえ定まらない──。

 このとき、「親子全員で早く家族会議をして相続について決めておけば」と、思っても後の祭りである。

 こんな事態を防ぐために、親が生前のうちに家族会議を開くには、いつ、誰が、どのように切り出し、何を話すのがいいのか。兄弟姉妹が遠く離れて暮らし、疎遠になっていると、親族の葬式や法事でしか顔を合わせないというケースも多い。

「機会が限られる以上、正月でも盆でも法事でも、直近の機会で設定するのがいい。会うタイミングより重要なのは、“会うまでの期間”。相続は家族内の問題であると同時に、法的な手続きを伴う“契約”でもある。だからビジネスと同じく“形式”や“根回し”が必要になります」(まこと法律事務所代表・北村真一弁護士)

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

「LINE」の500円から始める積立投資 特徴は低リスク志向の初心者向け
楽天やdポイントで株投資 100ポイントの少額投資も可能
キャッシュレス決済「LINE Pay」の使い方や特徴を徹底解説

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。