マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

相続の家族会議 開催に反対する兄妹がいたらどうする?

2018年6月11日 11:00

「墓の管理」からだと切り出しやすい(イメージ)

 いくら遺産相続対策を学んでも、実際に役立てるには親や兄妹と話し合わなければ意味がない。しかし、「家族で話し合う」というただそれだけのことが、相続となると途端に難しくなる。親、兄妹、その他の親族、さまざまな立場の思惑や心情、そして打算が絡み合うからだ。

 スムーズに進むのは、親(被相続人のこと。以下同)が「家族会議を開こう」と子供(相続人のこと。以下同)に伝えるパターンだという。

 子供たちは家族会議を開きたいと考えていても、自分が発案者になると、「あいつは有利にことを運ぼうとしている」などと、あらぬ疑いをかけられかねないからだ。「親が自分の意思で家族を招集した」という形式が理想である。

「子供の誰かから言われると角が立つ場合がありますが、『親が言うなら……』と納得する息子さん、娘さんは実際に多いようです」(まこと法律事務所代表・北村真一弁護士)

 しかし、親にそのつもりがない場合は、説得する必要がある。最初から遺産分割の話をするのではなく、「仏壇や墓の管理をどうする?」などと持ちかけると、親も「実はそれは自分も気になっていた」と反応することもある。それでダメなら、遺産相続で家族関係が崩壊した例などを話し、必要性を訴える。

「『遺産が気になる』から話をするのではなく、『後に兄妹で揉めることが心配だから、話し合っておきたい』という姿勢を見せることが重要です」(北村氏)

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。