マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

ビジネス

外国人留学生の苦難 日本語学校の学級崩壊、バイトのやりがい搾取等

2018年7月2日 11:00 女性セブン

 前出の芹澤さんが言う。

「現代の日本人は、面倒な仕事や大変な業務を外国人に押しつけて、便利な生活を享受しているともいえます」

 また、コンビニで働く外国人の多くは、日本語学校で勉強する留学生だ。

「現在、日本語学校の数は全国で約650校。2017年だけでも80校新設され、ハイペースで増えています。しかしその中で、公立の学校は北海道にある1校だけ。他の学校はすべて私立で、教師や授業のレベルに大きな差があることが問題視されています」(芹澤さん)

 例えば、日本語が全く話せない生徒100人に対して教師が1人しかいない、学級崩壊が起きたクラスを教師が立て直せず、学生のほとんどが授業中にポーカー賭博に興じ、前を向いて講義を聞いているのは女子生徒1人だけなど、学校としての体を成していない日本語学校も少なくない。

「日本に来たばかりの留学生はこれらを見分けるすべがなく、わからないまま入学してしまうケースが多い。なおかつ、学費は決して安くない。“国内最安値”をうたう奄美大島の語学学校ですら、初年度にかかる授業料等は約80万円。加えて、生活費を支払うのは留学生にとってかなり大きな負担になります」

 高額な学費を支払ったにもかかわらず、まともに授業を受けられない。そのうえ、職場状況も劣悪だとしたら…。日本を選び、夢を持って留学してきた彼らに対して、あまりにひどい仕打ちではないだろうか──

※女性セブン2018年7月5日号

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。