マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

完全個室・防音・鍵付きで人気のネットルーム ホテル代わりにも重宝

2018年7月2日 17:00

室内はシンプルな「ネットルーム」

 ここ数年、ネットカフェの進化版といえる「ネットルーム」が、人気となっている。ホテル代わりに利用する人も多いという「ネットルーム」の魅力はどんなところにあるのだろうか。

 ネットカフェというと、簡単な衝立で区切られているものの、天井が抜けていたりなどと、完全なプライベート空間ではない。しかし、ネットルームの場合、完全個室で鍵付き、さらに防音となっており、プライベートな空間を確保できるのだ。部屋は、靴を脱いでくつろげるフルフラットとなっていることが多く、大画面のテレビとパソコンが備え付けられているケースがほとんど。ネットルーム事情に詳しく、自身もよく利用するというフリーライターのA氏はこう話す。

「パッと見た印象はカラオケボックスのような雰囲気で、中身はカプセルホテルのようです。ネットカフェのようにフリードリンクではなく、食べ物のメニューもないケースが多く、基本的に食べ物・飲み物は持ち込み自由。部屋の中で寝転がれるし、会話もできるし、電話もできる。映画なんかもヘッドホンを使わずに見ることができるので、本当に自分の部屋にいる感覚です。フロントに鍵を預けて外出もできるし、有料ですがシャワーや洗濯機もあります」

 もちろん漫画や雑誌を読むのは自由。室内のパソコンでネットを楽しむこともできるし、仕事をすることもできる。

「2人用ネットルームも多く、カップルで利用するケースも多い。予約ができる店も多く、たとえば、どこか遠い土地へとコンサートやスポーツ観戦に行った帰りに、休憩がてら朝まで利用するということもできます」(A氏)

 料金は曜日や時間帯によって異なるケースが多いが、ホテルに比べれば格段に安い。たとえば、東京千代田区にあるネットルーム「マンボープラス神田店」であれば、平日のスタンダードプランで、はじめの30分が1人200円、2時間パックが850円、3時間パックが1150円、ナイト12時間パック(午後7時~午前5時)が2200円となっている。

「店によって料金は変わってきますが、12時間でも3000~4000円あれば足ります。会員割引や数日間の予約なども可能で、カプセルホテルよりも割安だと思います。布団がないので、快眠が保証できるわけではないのですが、夏場であればそこまで気にならないと思います」(A氏)

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。