マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

仮想通貨の価格低迷が続く背景 盗難・価格操作など脆弱性の指摘も

2018年7月12日 16:00

仮想通貨の価格低迷が続く背景は?

 仮想通貨の代表的存在であるビットコインの価格は、2017年の1年間で約20倍という高騰を見せたが、現在は70万円前後と2017年の高値の半値を大きく下回る水準で推移している。仮想通貨の価格低迷は何に起因しているのか。フィスコデジタルアセットグループ代表取締役でビットコインアナリストの田代昌之氏は、次のように分析する。

 * * *
 現在の仮想通貨価格の低迷は、まず国外要因が挙げられよう。2018年6月5日に米ドル建てビットコイン取引量が市場最大である香港の大手仮想通貨取引所ビットフィネックスがサイバー攻撃を受け、一時取引中止となる事態を招いた。

 それが悪材料視されてビットコイン価格が軟調となった中、6月10日に韓国の仮想通貨取引所コインレイルがハッキングを受けて複数の仮想通貨の盗難に遭い、4000万ドル(約44億円)相当の被害が報告された。

 さらに、6月20日には韓国の仮想通貨取引所最大手であるビッサムが、ハッキングによって複数の仮想通貨が盗難被害に遭い、その総額が3000万ドル(約33億円)相当に上ったことをアナウンスした。

 コインレイルは韓国で大手の取引所ではないが、ビッサムはビットコインやリップル、イーサリアムなどの仮想通貨市場で高い取引シェアを持つ韓国最大の取引所だ。

 こうした一連の事態でサイバー攻撃に対する仮想通貨の脆弱性が改めて露呈。投資家のマインドを冷やしたことに加えて、米国のテキサス大学・オースティン校が発表した学術研究論文で、2017年12月のビットコイン価格の急伸は価格操作によるものだという見解を示したことが、さらなる売り材料となった。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。