マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

仮想通貨の価格低迷が続く背景 盗難・価格操作など脆弱性の指摘も

2018年7月12日 16:00

 論文によると、香港の大手仮想通貨取引所ビットフィネックスが、ビットコインと連動性の強いテザーを利用し、ビットコイン価格を引き上げたと指摘。これに対し、ビットフィネックスの最高経営責任者(CEO)は、「市場価格操作のような行動に従事したことはない」と否定している。

 こうした海外発のネガティブなニュースがマーケットの重しとなって、ドル建て価格が大きく弱含み、これに円建て価格も追随した格好だ。

 このような海外情勢に加えて、国内でも、6月22日に金融庁が、マネーロンダリング(資金洗浄)対策や顧客保護などの管理体制が不十分だとして、仮想通貨交換業者の正式登録業者6社に対し、改正資金決済法に基づき業務改善を命じた。取引所によってはかなり厳しい文言も含まれていたことから、この処分も短期的に仮想通貨価格に陰を落とすこととなった。こうしたニュースが続いたことで、仮想通貨価格の上値が押さえられているというのが現状である。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。