マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

純資産1兆円へ 日本最大のファンド「ひふみ投信」に死角はないか

2018年7月17日 17:00 マネーポストWEB

ひふみ投信・運用責任者の藤野英人氏

 人気を集める投資信託「ひふみ投信」の拡大が止まらない。独立系運用会社レオス・キャピタルワークスは、直販の「ひふみ投信」、銀行や証券会社で外販する「ひふみプラス」、確定拠出年金制度で購入する「ひふみ年金」を扱い、これら3つを合わせたひふみ投信マザーファンドの純資産総額は「7738億円」に達している(以下、数字は6月末時点)。

 運用責任者を務める藤野英人氏(同社代表取締役社長・最高投資責任者)は、「すでに日本株を主に運用するファンドとしては最大となったが、このままの伸びが続けば純資産総額も1兆円が見えてくる」という。

 日本で運用されている投資信託(ETFを除く)の純資産総額を見ると、これまでは「フィデリティ・USハイ・イールドF」(フィデリティ投信)が第1位となってきたが、6月末時点で7592億円にとどまり、純資産総額6109億円の「ひふみプラス」を筆頭に、急拡大が続くひふみ投信シリーズは総額でついにトップに躍り出た格好だ。藤野氏がいうように、「1兆円ファンド」も十分視野に入ってきている。

「1兆円ファンド」といえば、真っ先に思い起こされるのが、ITバブル真っ只中の2000年2月に登場した「ノムラ日本株戦略ファンド(愛称・BigProject-N)」だろう。野村証券グループが総力を挙げて募集額1兆円と銘打った同ファンドは、翌3月に運用開始時の基準価額1万円を上回ったものの、ITバブル崩壊に伴って損失が膨らみ、2009年には基準価額が3000円台にまで下がった。2017年9月にようやく1万円を上回ったが、今や純資産総額も700億円余りとピーク時の10分の1以下となり、往年の姿は見られない。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。