マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

投資

純資産1兆円へ 日本最大のファンド「ひふみ投信」に死角はないか

2018年7月17日 17:00 マネーポストWEB

 具体的には、景気の良し悪しで戦略を変えます。日本の景気は外需に振り回されるため、景気の良い時は『外需』の比率を高めます。逆に、景気が悪い時は国内から目をそらしたくなりますが、実は国内には景気に関係なく成長している会社が多いので『内需』にシフトさせる。そのなかで株価水準も見ながら、『グロース』『バリュー』に振り向けていくというのが基本戦略です」

 ここにきて「海外株」の比率を高めている点も注目すべきだろう。2017年6月から海外株の組み入れを開始し、直近(6月末時点)の上位組み入れ銘柄を見ると、1位はアマゾン・ドット・コム、2位はVISA、4位はマイクロソフトなどとなっており、資産全体の10%を占めるほどだ。流入の続く資金の受け皿として海外に視野を広げる戦略だが、それがどのような結果をもたらすのか、今後の推移に注目していきたい。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【2021年版】不動産一括査定25サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。