マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

高齢時の介護費用負担 「死後の自分」から前借りする生命保険の制度も

2018年7月18日 15:00

預貯金を取り崩すことなく介護費用を捻出するには?(イメージ)

 老後のお金の不安でつきまとうのが不意の出費だ。リタイア後、妻が脳梗塞で倒れ緊急入院、幸い回復して退院できたが、自宅のリフォームが必要になった――そんなケースもあるだろう。

 入院費用は福祉医療機構の公的な年金担保貸付を利用、リフォームは社会福祉協議会の生活福祉資金貸付制度などを利用することで乗り切ることができる。それでも、妻の介護費用がかさんで生活が苦しい。そうした場合は、生命保険の契約者向け融資が便利だ。ファイナンシャルプランナーの廣木智代氏が語る。

「入院費は一時的な支出でしたが、介護費用は支出がずっと続きます。年金担保融資のような一時的な借り入れでは凌げません。生命保険に加入していれば、契約者貸付を利用するのがよいでしょう」

 これは生保の解約返戻金の7~9割を借りることができる制度で、金利も低く、申し込みから短期間で支払われる。返済できなければ、最終的には死亡保険金から融資分が相殺される。

 保険金は自分で受け取れないのだから、「死後の自分」から保険金を前借りするようなものだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。