マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

花火大会のトラブルあるある これだけは「やってはいけない」

2018年7月21日 13:00

今年も花火の季節がやって来た

 夏休みの一大イベントといえば花火大会だが、数多くのトラップが仕掛けられている。歴史ある花火大会に、運営側で関わっている40代の男性・Tさんが、“花火大会トラブルあるある”を語る。

 Tさんが携わっているのは、西日本で毎年8月に開催される花火大会。その花火大会には毎年10万人近くの人手があり、Tさんは会場誘導や救護、設営、撤収などのスタッフとして、20年近くも携わってきた。Tさんによれば、花火大会が始まる前の「待ち合わせ」から、トラブルの種があるそうだ。

「絶対やってはいけないのが、最寄り駅の改札で待ち合わせをすることです。かなりのパーセンテージの人が、最寄り駅の改札で待ち合わせをしますが、将棋倒しなどの危険性があるので、スタッフは人の流れを整理します。そうすると、移動させられた人は『今どこ?』『どこにいるの?』という連絡を延々ととり続けることになり、最初から疲労困憊することになります」

 Tさんによれば、携帯がなかった頃は、改札の前から人を排除しようとすると、「会えなくなる」と怒り出す人もいたのだそう。それだけ人がいれば当然迷子も出現するが、話を聞くと、1つの特徴があるという。

「子どもを引き取りに来た親に話を聞くと、ほとんどの人が『(上を向いて)花火を見ているうちに、気がついたら子どもがいなかった』と言うのです。子連れの方は、くれぐれもお子さんから目を離さないで欲しいです。子どもはわりとすぐ花火に飽きてしまうようで、チョロチョロとしているうちに周りが暗くて戻れなくなり、迷子になってしまうというパターンが多いようです」

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。