マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

花火大会のトラブルあるある これだけは「やってはいけない」

2018年7月21日 13:00

 せっかくの楽しい花火大会も、迷子になってしまっては、子どもがトラウマを抱えるのは必至だ。そして花火大会後もトラブルは尽きないという。

「落とし物でとにかく多いのは携帯電話・スマートフォンです。『落とした』『拾った』という届け出は、毎年100件以上あります。我々は花火大会の翌朝に現場の撤収作業をしますが、少し大げさに言えば、『そこら中に落ちている』という印象です。ズボンの尻ポケットに入れたまま座って、そのまま落ちるんじゃないでしょうか。真っ暗なので、当日に見つけるのは至難の業ですし、踏まれて割れる可能性も高いでしょう」

 そして最後は、地方の花火大会ならではの“あるある”だが、車で来るのは絶対に止めたほうが良いようだ。

「ウチの花火大会は、河川敷に臨時駐車場が設けられるのですが、毎年、最後の車が駐車場を出るのは、花火大会が終わってから4時間後です。間違いなく後悔することになるのですが、このあたりは車社会なので、みんな車で来てしまうんですよね……」

 Tさんは毎年、特等席の運営本部テントで花火大会を見られるが、大会が近くなると、「今年もまたあの季節が来たのか……」という緊張感の方が強いそうだ。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。