マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

経済

自動運転車の開発は誰のためか? 自動車メーカー各社それぞれの回答

2018年8月14日 11:00

 政府主導で実現に向けて動いている「自動運転」。東京五輪開催の2020年までに、高速道路での自動運転(ハンドルから手を離しての運転)を目指すという。技術的な問題はさておき、自動車メーカーならびにユーザーは、自動運転の未来についてどう考えているのか。

 本誌は、主要国産自動車メーカーにアンケートを行った。「御社にとって、自動運転車の開発はおもに『誰のため』のものですか?」という質問に対して、以下の回答をいただいた。

「安心・安全な車と社会の実現により、すべての人がすべての地域で自由に移動し、心豊かに生活できる仕組みを創造し、築いていくことを目指しています。自動運転車・技術も、より広い範囲の人々にそうした状態を提供するために開発されるべきであると考えます」(マツダ)

「自動運転技術を通じて、すべての人に交通事故ゼロと自由な移動の喜びを提供することを目指して開発を続けています。(中略)交通を取り巻くさまざまな課題を自動運転によって解決し、誰もが、いつまでも自由に移動できる社会を実現していきたいと考えています」(ホンダ)

 他社も総じて、「すべての人に移動の自由を」という答えだった。

自動運転になっても主役はあくまで“人間”

人の移動や物流に活用できるトヨタの電気自動車「e-Palette Concept」

 交通事故死傷者ゼロを目指し、1990年代から自動運転技術の研究開発に取り組み、「安全な移動をすべてのかたに」を掲げるトヨタは、たとえ運転操作ができない人でも、自動運転車が可能にする“安全で自由な移動”を評価する。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

トルコリラ2019年の見通しをトルコ人アナリストが徹底予想
月4000円の金利収入も メキシコペソ円のスワップが高いFX会社は?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2019 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。