マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

不動産

不動産にも「若い世代の現実志向」が波及 下町マンションが人気に

2018年8月13日 15:00

スカイツリー効果もあって不動産市場も下町ブームに

 ファストファッションやコンパクトカーが消費者の人気を集めているのと同様に、ブランド的な付加価値よりも実用性を重視する傾向は不動産業界にも確実に押し寄せている。不動産の市況調査を手がける東京カンテイ市場調査部の井出武・上席主任研究員によると、若い世代の間では「名より実を取る消費」がスタンダードとして定着しているという。

「近年の購入者層は不動産のブランドや地域ごとのヒエラルキーにとらわれず、利便性とコストパフォーマンスを重要視しています。また、単身者や子どものいない世帯も増えてきているため、個々人の通勤事情を最優先して物件を購入するケースも少なくありません」(井出氏、以下同)

 そうした状況にあって、東京23区内の不動産市場でにわかに注目を集めているのが城北・城東の「下町」と呼ばれてきたエリアだ。2012年に東京スカイツリーが竣工して以降、「住む場所としての下町」の再評価が進んでいると井出氏は語る。

「スカイツリー効果とそれに伴う下町ブームの影響もあり、北千住や日暮里、赤羽などの物件の需要が高まっています。地価や物価の安さはもちろん、地域に密着した個性的な店も多く、若年層への訴求力が高い。なによりも都心へのアクセスが良好な点が支持を集めている最大の理由でしょう」

 ここ数年、「穴場の街」として人気となっている北千住の場合、JR・東武鉄道・東京メトロ・つくばエクスプレスの計5路線が乗り入れる利便性に加えて、複数の大学を誘致して駅前の再開発にも着手。さまざまな世代にとってメリットのある住環境が整備されている。

 首都圏では不動産価格が高止まりしていることもあり、大手私鉄沿線の高級住宅街をはじめとした一等地の物件は購入者の予算と釣り合わなくなってきているのが実状だ。“ノーブランド”でも割安感のある地域に目が向けられるのは自然な流れだと言えるだろう。

「不動産」関連記事

【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
【無料】国内最大手6社に一括見積りできる不動産売却ポータルサイト
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?
仲介を依頼する不動産会社は大手が良い?地元が良い?

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。