マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

「墓じまい」の事件簿 寺が墓石撤去を妨害するケースも

2018年8月23日 16:00

「墓じまい」のトラブルは後を絶たない

 菩提寺が遠方の郷里にある場合、ついつい足が遠のいてしまう墓参り。自宅近くに墓があれば……と改葬を望む人が急増しているが、いざ田舎の墓じまいを決断しても、当事者に数多の難題が降りかかることは知られていない。

寺が墓石撤去を妨害

 このお盆休み、実家の長野県松本市まで墓参りに行った都内在住のA氏(65)は、疲れ果てた表情でこう話す。

「妻も60代で、体力的に遠方の墓参りは厳しい。今年を最後に両親の墓を処分して、都内の共同墓地にでも移そうと思っていたのですが、住職に相談したところ、ご立腹でして……。『檀家でなくなるのなら“離檀料”を80万円払ってください』と言われて、途方に暮れています」

 墓を畳む「墓じまい」が急増している。厚生労働省によると、2016年度の墓じまいは約9万7000件。5年前から2万件増え、統計開始の1996年以来過去最高を記録した。だが、そんなブームの中で、A氏のようにトラブルに巻き込まれる事例が続出しているという。

 墓じまいとは、以下の手順で行なわれる“お墓の引っ越し”である。

【1】新たな安置先から「受入証明書」をもらう。
【2】菩提寺から「埋葬証明書」をもらう。
【3】菩提寺のある自治体に【1】と【2】を提出して改葬許可証をもらう。
【4】菩提寺で「御霊抜き」の供養後、墓を撤去し、遺骨を新たな安置先に納骨する。

 この過程で一番揉めやすいのは、【2】の際に菩提寺に支払う離檀料(檀家を離れる時にこれまでの謝礼として支払うお金)だ。

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

ナンピンは悪手じゃない! 月5万円着実に稼ぐ話題のFXトレーダー
金利7.75%メキシコペソをトルコリラなど他高金利通貨と比較
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。