マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

定年退職直後だけ利用できる「退職金専用定期預金」、一般定期の100倍金利も

2018年9月17日 16:00

まとまった退職金をどこに預け入れるか

 人生100年時代を迎え、リタイアしてからも稼いで資産を殖やしていかなければならない。

 60歳でサラリーマンは定年を迎えるが、65歳の年金受給まで収入の空白期間が生じる。この間、再雇用で働いても60歳以前より収入は大きく減る。核となるのは退職金の運用だ。ファイナンシャルプランナーの深野康彦氏が語る。

「“人生最大の現金収入”だけに金融機関は目の色を変えて運用を勧めてきます。投資目的や商品を考えないままセールストークを受けると、銀行や証券会社にとって“オイシイ商品”ばかりを掴まされかねないので注意が必要」

 そんな中でこのタイミングしか利用できないのが、銀行や信用金庫が大口預金獲得のために設定する「退職金専用定期預金」だ。

「退職金の受け取り後、3か月~1年以内に預け入れるという条件があります。預け入れ期間は1~3か月と短い代わりに、その間は年利0.5~1%と通常の定期預金の50~100倍前後の金利がつきます。終了後は一般の定期預金と同じ金利になるケースが多い」(同前)

“退職金転がし”という裏技もある。

「最初に預け入れた銀行で高金利の期間が終わったら、別の銀行の退職金専用定期預金に入れることを繰り返せば、効率的に利息を得られます。退職金を受け取って1年以内なら複数の銀行に預けられるので、“利息で殖やす1年”にする。その間に長期的な運用をじっくり考えることもできます」(同前)

不動産売却の完全マニュアル

【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【2018年版】不動産一括査定20サイトを徹底比較!
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス
【無料】満足度90%超!ソニーグループの不動産売却サービス

初心者向け「FX」「株」の記事まとめ

楽天ポイントやdポイントをお得に有効活用 ポイント投資を徹底解説
ほったらかしFXで月22万円稼ぐサラリーマンの投資法
“ほったらかしFX”の元祖「トラリピ」を徹底解説 トレーダーへの取材で魅力を再発見
ロボアドバイザー投資 超基礎編 特徴や代表的な会社を紹介
  • ポイントで投資できるクレジットカードを紹介!
  • 金利7%超のメキシコペソはブームになるか 特徴と取扱FX会社を紹介
  • 当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

    小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント問い合わせ広告掲載について

    © Shogakukan Inc. 2018 . All rights reserved. No reproduction or republication without written permission. 掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。