マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

マネー

定年後の知っ得マネー術 国民健康保険は前納割引活用を

2018年9月19日 15:00 女性セブン

2年分まとめて支払うと1か月分免除

 現役時代の金銭感覚で老後の年金生活に入ると、収入が少ない分、あっという間に赤字になってしまう。とはいえ、ケチケチしすぎると、心豊かな老後は送れない。老後に削るべき予算とその方法はどんなものがあるのか。ここでは、国民健康保険と民間保険の保険料のお得な支払い方法について紹介しよう。

2年分を一括払いにすると1か月分免除

 定年退職すると、厚生年金と健康保険から脱退し、新たに国民健康保険に加入することになる。妻が夫の扶養に入っている場合、夫より年下でも夫の定年と同時に扶養から抜け、国民健康保険の加入が必須になる。

 そこで覚えておいてほしいのが、お得な支払い方法だ。

「国民健康保険料は、2年分をまとめて支払うと、1か月分ほど安くなる前納割引があります。保険料は地域によって異なりますが、仮に夫婦で月2万円ほど支払っているなら、約2万円が前納で浮くわけです。同様に、NHK受信料も前納割引がありますし、まとめて払えるものはできる限り前納し、少しでも出費を抑えましょう」(ファイナンシャルプランナーの井戸美枝さん)

 定年前に、それぞれ前納分がいくらになるかを確認し、その予算を残しておくと慌てずに済む。

不動産売却の完全マニュアル
不動産売却の完全マニュアル
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

注目記事

2か月で15万円の利益を狙えた?FX自動売買のドル円取引例
人気の最新FX自動売買を8選!稼ぐ投資家の秘訣も紹介

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

【お知らせ】

2021年4月1日以降の価格表示に関して

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。