マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

FX

セキュリティ面だけではない 仮想通貨交換業者が整備すべき課題の数々

2018年9月21日 17:00

仮想通貨取引の信頼性は回復するか?

 9月20日、仮想通貨取引所「Zaif」に不正アクセスが発生し、ビットコインなど約67億円相当の仮想通貨が流出した。今年1月に「コインチェック」で580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が不正流出する事件が起こったこともあり、仮想通貨取引の信頼性が大きく揺らぐ事態が続いている。だが、仮想通貨業界では、セキュリティ面以外でも整備しなければならない課題が山積している。仮想通貨交換業者はどのような取り組みで取引の安全性を担保しようとしているのか。フィスコデジタルアセットグループ代表取締役でビットコインアナリストの田代昌之氏が解説する。

 * * *
 ビットコインをはじめとする仮想通貨市場が再び活況を呈するようになるためには、仮想通貨取引の安全性が担保されることが条件となるだろう。

 2018年4月23日に発足した「日本仮想通貨交換業協会」が、早ければ10月1日にも、金融庁から自主規制団体として認定される見通しとなっている。

 日本仮想通貨交換業協会が自主規制団体として認められれば、現在はこの協会に加盟していない仮想通貨交換業者も、協会が策定した自主規制ルールを遵守することが求められる。それが徹底されれば、仮想通貨交換業者の社会的地位は少なくとも一段階は上がることになるだろう。

 現在でも、仮想通貨交換業者においては、整備しなくてはならない問題が山積みである。中でも、利用者保護やマネーロンダリング(資金洗浄)対策に関する基本的なルールを遵守する姿勢が重要であるが、それが徹底できていない事業者も見受けられる。

不動産売却の完全マニュアル

【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2019年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

初心者向けFXや株、決済の記事まとめ

週に1回設定を見直すだけの「シューイチFX」で年利40%を本気で目指す
クレカのポイントで株や投資信託を購入できる「ポイント投資」とは
FXで月22万円稼ぐ個人投資家の取引方法とは

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする
ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

ABJマーク

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号6091713号)です。