マネーポストWEB「マネーポスト」公式サイト

暮らしのマネー

見ている人は見ている… ある就活生が経験した“人命救助”の顛末

2018年9月24日 16:00

電車内で人助けをした後、もらった名刺には…(イメージ)

 意味を間違えて使われる代表的なことわざの1つが「情けは人のためならず」だ。「情けをかけるのは、その人の為にならない」と誤解されがちなこのことわざの正しい意味は、「情けはやがて自分に返ってくる」という意味だが、都内在住の40代の男性・Aさんは、このことわざを地で行くような経験をしたことがあるという。

 それはAさんが大学生だった時のこと。運動部に所属していたAさんは、練習を終えて仲間とご飯を食べ、家に帰るために電車に乗っていた。時刻はすでに23時過ぎで、車内はかなりの混雑度。Aさんが吊革に掴まって本を読んでいると、突然背中を強く押され、ゴトンと大きな音がした。Aさんが振り返ると、60~70代の男性が倒れており、頭から血が出ていた。Aさんが振り返る。

「倒れた男性の一番近くにいたのが自分だったので、とりあえず『大丈夫ですか?』と話しかけました。しかし返答がなかったのでマズいと思い、『誰か手伝って下さい』と周りに声をかけ、倒れた男性を次の駅で降ろしました。降ろすのを手伝ってくれた男性以外は、ことの成り行きを見守っているだけで、一切何もしてくれなかったことをよく覚えています」

 やむなく目的地より手前の駅で電車を降りたAさんは、降ろすのを手伝ってくれた男性に「駅員を呼んできます。それまでこの人を見ていて下さい」と言い残し、駅員を呼びに行った(当時は携帯電話が普及する直前だった)。そして、駅員に事態を説明し、駅員と共に倒れた男性のもとに戻り、駅員が担架を持ってくるかどうかでマゴマゴし、救急車を呼ぶことになり、到着した救急隊員に事情を伝え……といったことをしているうちに小一時間が経過し、無情にも終電はなくなっていた。

 駅員からは何の言葉もなく、途方に暮れたAさんが歩いて帰ろうとしていると、同じく救護にあたった男性から声を掛けられた。

不動産売却の完全マニュアル

【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【2020年版】不動産一括査定23サイトを徹底比較!
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定
【無料】すまいValueで大手6社に不動産一括売却査定

FXや株、年金などに関する記事

年金いくらもらえる? 年金の種類や制度、受給額を徹底解説
最新のFX自動売買を9選! 初心者はツールをどう選ぶ?

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。

SNSでマネーポストWEBをフォロー

  • facebook:フォローする
  • twitter:フォローする

当サイトに記載されている内容はあくまでも投資の参考にしていただくためのものであり、実際の投資にあたっては読者ご自身の判断と責任において行って下さいますよう、お願い致します。 当サイトの掲載情報は細心の注意を払っておりますが、記載される全ての情報の正確性を保証するものではありません。万が一、トラブル等の損失が被っても損害等の保証は一切行っておりませんので、予めご了承下さい。